秋に沖縄を旅する事のデメリット

まだまだ台風が心配な季節です

近年の地球温暖化の影響からか、秋になってもまだまだ台風シーズンは終わったとはいえません。沖縄は日本の中でも台風の影響を受けやすい地域で、9月10月は当たり前、11月に台風が来た年もありました。以前なら、秋の台風は勢力も弱く発生してもさほど影響は受けにくいと考えられていましたが、今後はそんなことも言っていられなくなる可能性もあります。台風の影響で飛行機が欠航するのは一番悲惨な例ですが、たとえ欠航にならなかったとしても、海は荒れて遊泳もままならず、眺めるだけと思ってもイメージしている青い海を見るのは難しい、といったことも考えられます。そういった点から考えると、秋に沖縄を旅行するのはデメリットであるといえるかもしれませんね。

海に入れてもブルブル震えて楽しめない?!

9月10月であれば、ビーチはまだ開いているところも多いかもしれません。沖縄は常夏の島、秋だからとか関係なく海は泳ぎ放題!というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そんなことはないんです。沖縄だって秋になれば気温は下がり、当然海水温だって下がるのです。ビーチ自体は開いているかもしれませんが、実際に入ると日によってはブルブル震えるほどに寒い!なんてこともあるかもしれません。マリンアクティビティに参加する場合は、気温に応じてウエットスーツが貸し出されたり対策を講じてくれますが、個人でのんびり楽しく海水浴でもしよう、なんて思って沖縄を訪れても寒くてそれどころではなかった、なんてトホホなことにならないように気をつけてくださいね。

子どもと一緒に行く沖縄ツアーでは、シュノーケリングやシーカヤックなどのマリンスポーツや、シーサーや琉球ガラス作りなどの手作り体験が組み込まれたツアーが人気です。

© Copyright Okinawa Travel. All Rights Reserved.